logo

八重山SUP協会インストラクターガイド/資格の種類とその認定基準

インストラクターガイドⅠ
(SUPクルージングができるインストラクター)

  • SUP歴を1年以上有する
  • SUPの基本操作テクニックを習得している
  • 安全対策含む基本インストラクションができる
  • 赤十字水上安全法救助員又はDIVE MASTER やL・S・F・Aなど同等の資格を有する(証書の提示が必要)
  • 男性は3kmを30分以内で、女性は3kmを33分以内で漕げる(海上コンディションが概ねフラットである時)
  • 200mの距離を自力で泳ぐ事が可能な泳力を有する
【インストラクターガイドⅠ認定後の資格】
  • 初心者に対してSUPインストラクションができる
  • SUPクルージングガイドとしてツアーができる

インストラクターガイドⅡ
(SUPクルージング、SUPサーフィン、ダウンウインド(DW)SUP全てができるインストラクター)

  • インストラクターガイドⅠの資格保持者で2年以上の継続者である
  • 男性は3kmを24分以内で、女性は3kmを26分以内で漕げる(海上コンディションが概ねフラットである時)
  • 300mの距離を自力で泳ぐ事が可能な泳力を有する
【インストラクターガイドⅡ認定後の資格】
  • 各カテゴリーのツアーガイドができる
  • インストラクターガイドⅠに対してインストラクションできる
  • インストラクターガイドⅡの各カテゴリーを1年以上続け、レース経験や活動実績を積んだ者はインストラクターガイドⅠの資格認定委員になる事ができる
  • 各カテゴリーのコースプログラムデザインができる
  • SUPスクールを開校できる

インストラクターガイドⅢ
(SUPサーフィン、SUPレース、ダウンウインド(DW)SUP各分野で、大会実績、レース実績、活動実績が優秀である者)

インストラクターⅢは専門的なカテゴリーとなる為、サーフィン、レース、ダウンウィンドと分かれます

〈大会実績例〉
インストラクターⅢ(カテゴリー:サーフィン)
  • SUPサーフィンの公式大会において上位入賞者もしくは全日本選手権でベスト8の実績者
  • NSAのジャッジ資格保有者等
インストラクターⅢ(カテゴリー:レース)
  • SUPレースの公式大会において上位入賞者もしくは全日本選手権で10位以内の実績者
  • レースのコーチング、トレーニングメニューの作成が出来る
インストラクターⅢ(カテゴリー・ダウンウインド)
  • SUPダウンウインドの30km以上の大会において上位入賞者
  • ダウンウインドのコーチングが出来る
〈活動実績例〉

SUPA、SUPUの全国組織における各分野(理事、レースディレクター、サーフィンジャッジ、各委員等)の貢献度を評価する

【インストラクターガイドⅢ認定後の資格】
  • インストラクターガイドⅡに対して専門カテゴリーのインストラクションができる
  • 専門カテゴリーのコーチングができる
  • インストラクターガイドⅢの資格保持者はインストラクターガイドⅡの資格認定委員になる事ができる