八重山スタンドアップパドル協会(Y-SUP)について

石垣島を含む八重山諸島は、マングローブ川やその汽水域は豊な珊瑚礁を育む美しい自然環境と海を有し、パドルスポーツの適地でもあります。

八重山SUP協会は、2014年、SUPの急速な普及に伴い、各島々に則した自主ルールやマナー、安全対策等に取り組み健全なスタンドアップパドル(SUP)スポーツの普及目的で設立した任意団体です。

八重山諸島特有の気象や海況、潮汐と海底地形、また漁業や航路、海上交通安全法、等を理解のうえ行う、健全で秩序あるスタンドアップパドル(SUP)スポーツの普及を推奨しています。

私達の主な活動

安全に関する講習会の開催
インストラクターガイドの認定
八重山諸島における健全なSUP活動の普及役としてインストラクター認定を行っています。
大会の開催(実行委員会)
  • 毎年春:石垣島SUPグランプリ大会
  • 毎年秋:西表島SUPフェスティバル
各関係団体などとの連携
海上イベントでの監視
メディアへの対応

お知らせ

協会からのお知らせや加盟ショップの情報などを発信しています。

2018 八重山SUP協会インストラクターガイド1 認定講習会 開催のお知らせ

日時:6月6日(水)9時と7日(木)9時

  • 学科会場:ラティーダ石垣リゾート
  • 実技会場:底地ビーチ
6月6日 午前:学科講習(概論、SUPギア、SUP特性、インストラクター心得、ルールとマナー、リスクマネージメント、気象、海象、他)
午後:実技講習(指導実技 及び 3キロ30分以内のタイムトライアル検定

6月7日 安全講習会:
午前:学科会場/ラティーダ石垣リゾート
午後:実技講習/底地ビーチ(救急蘇生法:CPR、AED、SUPボードレスキュー、泳力検定、他)

認定基準:
八重山諸島在住者で1年以上SUP経験がある方が対象です。6月6日の認定講習を受け漕ぎ検定に受かった方で赤十字水上安全法救助員1もしくはOMSB水安救助員資格、ダイブマスター、いずれかの資格保有者は初日で認定登録されますので証明書コピーを提出してください。いずれの資格も持たない方は6月7日の安全講習会を受講してCPR、AED、SUPレスキュー法、泳力検定を受けてください。受講希望者は5月31日までにお申し込み下さい。

  • 6月6日講習料:10000円  6月7日講習料:5000円
  • 持ち物:身分証明書(免許証など)筆記用具、SUPボード、パドル、リーシュコード、帽子、日焼け対策装備着、着替え、タオル、飲料水マイボトル。
  • ボードレンタル:1日2000円 2日4000円(希望者は申し込み時に予約してください。)
  • 昼食弁当:1日550円 2日1100円(希望者は申し込み時に予約してください。)

☆講習会を2日間受講して合格された方はY-SUPインストラクターガイド1に登録され認定証を発行いたします。認定には協会入会が必要ですので入会金と会費を振り込んで頂き登録後郵送でお送りいたします。

 口座番号:沖縄銀行石垣支店(普)1583578 ヤエヤマサップキョウカイ

申し込みはY-SUP協会お問い合わせフォームからお申し込み願います。

八重山諸島でSUPを楽しまれる際は安全のために

八重山SUP協会認定の「インストラクターガイド」在籍店のご利用をお勧めします。

八重山SUP協会は会員を募集しています。

八重山在住の一般の方、八重山諸島でSUPインストラクターを目指したい方、そしてSUP事業を既に始めている方も含みます。